毎月一定額の貯金をしている方は多いですが、その貯金はただ貯めているだけではありませんか。
お金は運用を考えましょう。

お金に仕事をしてもらう

お金は運用を考えましょう。
毎月一定額の貯金をしている方は多いですが、その貯金はただ貯めているだけではありませんか。確かに銀行口座に入れておけば利子で増えるとはいえ、その額はあまりにも微々たるもので、現金でタンス預金しているよりはマシ程度。それではせっかくの貯金も持ち腐れです。これからの時代、お金にも働いてもらわなければなりません。では、お金が働くとはどういうことでしょうか。

お金が働く、それはすなわち投資です。難しそうなイメージのある投資ですが、実は非常に簡単に行うことができます。例えば日本国債などは普通預金よりも利回りのよい商品として知られていますし、投資信託などはプロに運用を任せられるため高利益を出しやすいという特徴があります。また、リスクを取ることにはなりますが、株や為替などもお金の仕事です。要するに大切なことは、ただ貯めるのではなく運用するという意識を持つことでしょう。

現在、投資に関してはNISA(少額投資非課税制度)などもあり、非常にハードルが下がっています。100万円までは非課税になるため利用者が多いことも特徴です。お金はお金を連れて戻ってきます。こうした便利な制度を利用して、うまくお金に仕事をしてもらいましょう。

PR情報

Copyright (C)2017お金は運用を考えましょう。.All rights reserved.